What’s New

エラーバーの読み方

意思決定を助けるために科學者や様々な機関が提供するデータは不確実性を含んでいる。情報をわかりやすく視覚化する手法はこの不確実性を明確に示すのに役立ちうるが,逆に混亂をひどくする場合もある。人間の推論法を調べた多くの研究か … 続きを読む

カテゴリ 2019年12月號, 最新號の紹介, 記事

過剰な心配,過小な心配 リスク判斷の心理學

私たちは日常生活で直面しているリスクをどれくらい正確に理解しているのだろうか。   人々に溺死や肺気腫,殺人などによる年間の死者數を見積もってもらった調査によると,私たちは殺人や竜巻などの人目を引く,あるいはよ … 続きを読む

カテゴリ 2019年12月號, 最新號の紹介, 記事

大特集:真実と噓と不確実性

科學は真偽を決める客観的な物差しだと考えられている。だが実のところ,客観的な「真実」とは何かを決めるのは,科學にとっても難しい。物理學では実在とは何かを問う議論が決著せず,數學の扱う対象が人間と無関係に存在するのかどうか … 続きを読む

カテゴリ 2019年12月號, 最新號の紹介, 記事

生理學? 醫學賞:低酸素環境に応答するメカニズムの解明

アスリートが高地トレーニングによって身體を鍛えるように,私たちの體は酸素の薄い環境に徐々に適応する能力を持っている。私たちは五感で直接捉えられない酸素の量を一體どうやって感知し,順応しているのだろうか。2019 年のノー … 続きを読む

カテゴリ 2019年12月號, 最新號の紹介, 記事

物理學賞:現代宇宙論の確立と系外惑星の発見

2019年のノーベル物理學賞は私たちの宇宙観に大きな転換をもたらした宇宙分野の研究者に授與される。現在のビッグバン宇宙論の基礎を1960年代半ばに築いた米プリンストン大學のピーブルス(James Peebles)名譽教授 … 続きを読む

カテゴリ 2019年12月號, 最新號の紹介, 記事

電極革新が生んだ新電池

リチウムイオン電池は現代社會のエネルギーインフラの1つだ。スマートフォンをはじめとするモバイル機器に幅広く搭載され,誰もが毎日使っている。2019年のノーベル化學賞には,リチウムイオン電池の核となる発明をした吉野彰?旭化 … 続きを読む

カテゴリ 2019年12月號, 最新號の紹介, 記事

日経サイエンス 2019年12月號

詳報:ノーベル賞 吉野 彰氏らにノーベル賞 化學賞 リチウムイオン電池の開発 電極革新が生んだ新電池  出村政彬/古田彩   物理學賞 現代宇宙論の確立と系外惑星の発見   生理學?醫學賞 低酸素環境 … 続きを読む

カテゴリ 2019年12月號, トップ, 最新號の紹介, 雑誌

別冊235 NEW! 進化と絶滅

まえがき 汲めども盡きない進化の謎  渡辺政隆   1 生命の起源を探る 生命の陸上起源説 M. J. ヴァン?クラネンドンク/D. W. ディーマー/ T. ジョキッチ 進化の出発點 混合栄養生命  中島林彥 … 続きを読む

カテゴリ 別冊?本

一緒に飛ぶ理由?日経サイエンス2019年11月號より

羽ばたきが増して労力がかかってもハトは2羽以上で飛ぶことを選ぶ   一団となって飛ぶ鳥の群れの様子は壯観で見る者を圧倒するが,鳥たち自身も仲間のおかげで捕食者から身を守り,飛行の助けを得ている。新たな研究による … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月號, News Scan

2019年ノーベル化學賞:リチウムイオン電池の開発で吉野彰氏ら3氏に

2019年のノーベル化學賞は,繰り返し充電できるリチウムイオン電池を開発し,モバイル時代を開いた旭化成の吉野彰名譽フェロー,米テキサス大學のグッドイナフ(John B. Goodenough)教授,米ニューヨーク州立大學 … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

投稿日 2019年10月10日

2019年ノーベル物理學賞:私たちの宇宙観に大転換をもたらした米歐の3氏に

 2019年のノーベル物理學賞は私たちの宇宙観に大きな転換をもたらした宇宙分野の研究者に授與される。現在のビッグバン宇宙論の基礎を1960年代半ばに築いた米プリンストン大學のピーブルス(James Peebles)名譽教 … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

投稿日 2019年10月8日

2019年ノーベル生理學?醫學賞:細胞の低酸素応答の仕組みの解明で米英の3氏に

酸素はほとんどすべての動物の生命維持に不可欠だ。2019年のノーベル生理學?醫學賞は,細胞が周囲の酸素レベルを感知し,それに応答する仕組みを解明した米ジョンズ?ホプキンズ大學のセメンザ(Gregg L. Semenza) … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

ヒ素を食べるシダ?日経サイエンス2019年11月號より

この植物の遺伝子を利用すればヒ素を含む土壌や水を浄化できるかも   世界で數百萬人がヒ素に汚染された地下水や土壌に苦しめられている。この物質が飲み水や作物に入り込むと,皮膚病変やがんなどの病気を引き起こす場合が … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月號, News Scan

The Intention Machine / 意図を汲んで動くマシン

I get goose bumps every time I see it. A paralyzed volunteer sits in a wheelchair while controlling a computer or robotic limb just with his or her thoughts—a demonstration of a brain-machine interf … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月號, 英語で読む日経サイエンス

足跡プールが育む小動物?日経サイエンス2019年11月號より

カエルはゾウの足跡のなかで次世代へ命をつないでいる   爬蟲両生類學者のプラット(Steven Platt)は,2016年の乾期にミャンマー(舊ビルマ)で行った調査で雨期には冠水していたネヤイン濕地を踏査してい … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月號, News Scan